●本館病棟

◆本館3病棟 精神科救急入院科(スーパー救急)病棟

ベッド数 48床
看護体制:固定チームナーシング機能別看護の混合型看護

犬山病院は令和2年1月に、地域医療での精神医療の中心的役割を担うため、精神科急性期治療病棟よりも更に体制を強化した精神科専門病棟、スーパー救急病棟(精神科救急入院料病棟)の認可を取得しました。

スーパー救急病棟では集中的な治療の必要性が認められた患者さん(措置入院や医療保護入院を要する患者さん等)に対し、質の高い治療、密度の高い人員配置と充実したアメニティにより集中して入院治療を行い、短期間(約3ヵ月以内)での退院を目指します。
病棟には、さまざまな年齢層の患者さんが入院していますが、医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、公認心理士等、多職種のスタッフがチームを組んで協力し合い、入院時よりそれぞれの患者さんの地域生活を意識した医療を行い、患者さんの状態を見つめながら治療計画を立てて行きます。
プライバシーにも配慮して病床数の半分である24床を個室として確保し、日当たりや風通しが良く、自然に恵まれた明るい環境で快適なアメニティを提供しています。患者さんへの個々の関わりを大切にし、心の込めた看護を提供しています。また、身体合併症を持つ患者さんも多く、心身共にトータル的なサポートを実施しており、24時間切れ目のない対応をいたします。急性期症状を脱し、回復されていく患者さんの笑顔に、看護師自身も癒され、看護することに喜びを感じています。
こころの病は、退院後の生活を支援することが重要であり、患者さんやご家族が不安を抱かないよう相談体制も整っています。看護師、精神保健福祉士、薬剤師、デイケアスタッフをはじめ、多職種の医療チームによる退院後の支援体制を整えています。
また、スーパー救急病棟では、患者さんへの心理教育、デイケア等、リハビリテーションの導入を充実させているのに加え、患者さんやご家族が退院後に不安を抱くことがないよう、家族心理教室やアウトリーチ、訪問看護にも力を入れています。


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

 


Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.