マウスピースの話

歯科部長 武川恭範

今回原稿の依頼をいただき何について書こうかと頭を悩ませておりましたところ、そういえば先日までおこなわれていたリオデジャネイロオリンピックで口元からマウスピースが見えている選手がまた増えたなぁと職業柄気になっていたことをふと思い出し今回のお題とさせていただきます。

昔から知られている“マウスピース”は“マウスガード”とも呼ばれ、ボクシングや空手などの格闘技やラグビーなどの激しい衝突を伴う球技などのスポーツで外傷を予防するための器具として使われるものだと思います。歯が欠けたり折れてしまったり、またその歯の破片などで口の中を切ったりしないように、また打撃やぶつかった衝撃から脳震盪を防ぐことなどにも効果があると思われます。余談ですがボクシングアニメで下から突き上げるアッパーカットを打たれ派手にマウスピースが口から飛び出す・・・なんて場面がよく描かれたりされますが実際はそんなことは滅多にありません。もしそれで外れるなら緩すぎで保護効果が期待できません(笑)

話を戻して近年はそういった怪我防止以外の効果を期待して使われることも多くなってきています。主に運動能力の向上を目的としたもので左右の奥歯に均等に荷重がかかるように調整されています。ゴルフや野球のバッティングの飛距離が伸びる、ウェイトリフティングでより重いバーベルを上げることができる・・・などの効果があるという人もいますが、もともとの歯のかみ合わせが悪かったのが、マウスピースによってかみ合わせがよくなることで何らかの効果があらわれることはあるかもしれませんし、単にマウスガードをつけている「安心感」が運動能力に影響を与えているかもしれません。まだはっきりと医学的に運動能力への影響はわかっていません。その点は今後の研究結果を待つ必要がありそうです。

またマウスピースには積極的に治療目的に使われるものもあります。

一般的な歯並び(歯科矯正)治療にはワイヤーや固定装置が必要なのですが症例によっては目立たない透明なマウスピースで歯並び治療ができるようになってきました。また寝ている間に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群を防止するマウスピースもあります(専門医の依頼によって歯科医師が作成します)。

当院でよく作成しているマウスピースは寝ている間の歯ぎしりやくいしばり対策のためのマウスピースです。その力は男性の場合、奥歯で60kg程度、女性で40~50kgといわれています。それが毎晩続くと口を開け閉めする筋肉に疲労が貯まり、口が開けづらくなってしまったり、食事中違和感を覚えるようになったり、歯が欠けたりすり減ったりしてしまうのでそれを軽減する目的のものです。装着されている方の中には数ヶ月でマウスピースに穴があいてしまう方もおられます。

今回のマウスピースの話、読まれて気になることがあった方、その他お口の中のことでのご相談、ご質問でももちろん結構です。お気軽に当院歯科にお越しください。

(白帝ニュース平成28年10月)


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.