お酒を飲みたくなくなる薬?
顧問 加藤荘二               

院長を退任して1年経過しました。管理業務から解放され、会議への出席もほとんどなくなり少し余裕ができましたので、日本の古代史を勉強し始めました。犬山や春日井、名古屋市守山区は古墳の宝庫で、休日はこれらの古墳巡りをしています。この巻頭言も最初は犬山市の古墳や神社を取り上げ、古代史勉強の楽しさや今日的な意義について述べるつもりでしたが、理解力や記憶力が低下して知識の整理すらできないうちに原稿の締め切りが近づきましたので、急遽話題を変え、5月にアルコール依存症の断酒補助剤として発売されたアカンプロサート(商品名レグテクト)という薬剤を紹介することにしました。
アルコール依存症治療薬には、シアナマイドとノックビンがありますが、両者はアルコール代謝に必要なアセトアルデヒドデヒドロゲナーゼという酵素(ALDH)を阻害する作用があり、この薬剤を服用中に飲酒するとアセトアルデヒドが分解されずに蓄積されて強い不快感(ひどい二日酔い状態)が長時間続くことから、飲酒を回避させるというものです。そのためこれらの薬剤は抗酒剤とか嫌酒薬と呼ばれています。今回の薬剤は、それとは作用機序が全く異なり、飲酒欲求そのものを抑制することを目的にしたもので、この種の薬剤では本邦初になります。
投与対象となるのは、(1)アルコール依存症と診断された者、(2)心理社会的治療を受けている者、(3)断酒の意志(意思)がある者、(4)離脱症状に対する治療が終了した者とされ、本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある者、高度の腎障害のある者には禁忌となり、軽度から中等度の腎障害のある者、高度の肝障害のある者、高齢者、自殺念慮又は自殺企図の既往のある者、自殺念慮のある者には慎重投与となっています。投与方法は1日3回食後に2錠ずつで、投与期間は原則24週間とされています。主な副作用は下痢などの消化器症状ですが、ほとんどの症例は整腸剤投与程度で回復するとのことです。
これまで飲酒欲求を抑える薬剤は色々試されてきました。私の知る範囲でも、ニューレプチル、セレネース、アナテンゾールデポー剤などの抗精神病薬、ワイパックスなどの抗不安薬、リーマスやデパケンなどの気分安定薬、抑肝散などの漢方薬がありますが、いずれも効果が不十分か、副作用などのマイナス面の方が大きいようでした。この中で最も使われたのはアナテンゾールデポー剤で、1/2Aを2週間に1回筋注するという方法で、昭和50年代後半から60年代にかけて(アルコール医療が一番盛んな時期)「流行」しましたが、全身倦怠感、眠気、意欲低下などの副作用の他、統合失調症(当時は精神分裂病)患者に使用する注射剤をアルコール依存症者に使用することへの批判があり、平成に入った頃より次第に使用されなくなり、平成16年に販売中止となっています。
アルコール依存症に罹患した方の中には、飲酒を中止して離脱期を過ぎても不眠やイライラ、憂鬱気分などを訴えなかなか気分が安定せず、飲酒欲求の高まりに苦悩される方が多くいます。これを遷延性アルコール離脱症候群とか離脱後症候群と呼ぶことがあり、この状態が1~2年続くこともあります。これには脳内の神経伝達の不均衡、グルタミン酸などの興奮性神経伝達系が抑制性神経伝達系より優位な状態が続くことが要因として挙げられています。グルタミン酸というのは、「味の素」などの化学調味料の成分として有名ですが、神経系においては情報伝達に深く関与し、記憶や学習などに重要な役割を果たしています。興奮系神経伝達物質なので、過剰になれば神経が高ぶります。レグテクトはこのグルタミン酸作動系神経活動を抑制して神経間のバランスをとることで神経の高ぶりを抑え、飲酒欲求を軽減させるとされています。抗酒剤との併用も可能であり、肝障害のある方でも高度のもの以外は投与可能で、依存性はないとされています。
ただし、この薬剤については適正使用を厳しく指導されており、投与対象者は上記の(1)から(4)を満たす者のみとされ、投与できる医師も限定され、用法、用量も厳格に決められています。つまり精神科に定期的に外来通院して断酒指導を受けている方や、自助グループに参加している方以外は対象とならず、イライラしたり、飲酒欲求が高まったりした時の頓服といった不規則な服用は認められないということになります。
断酒治療に新たな手段が加わりましたが、アルコール依存症治療の主役はあくまで心理社会的治療であり、この薬剤は断酒維持を補助するものに過ぎず、将来その主役の座を奪うようなものでもありません。また誰もがお酒を飲みたくなくなる薬というものではありませんので、お間違えのないようお願いします。

(白帝ニュース平成25年6月)


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.