精神保健医療福祉行政の動向

 事務長 宮脇 茂樹

6月29日の新聞に次の様な記事が掲載されていました。
「精神疾患、入院期間1年内……厚労省方針、早期治療に重点
厚生労働省は29日までに、精神疾患の医療体制の改革方針をまとめた。
早期に治療し、原則として入院期間を1年以内に抑えられるようにする狙いで、入院初期の患者に対応する医師の数を従来の3倍に増やすほか、退院後の地域での生活を支援する訪問看護などの人材を育成する。保護者が同意しない場合でも、医師の判断で入院を可能とする法改正も行う。
方針は28日に開かれた厚労省の検討会で了承された。」
この記事の根拠は、「精神科医療の機能分化と質の向上等に関する検討会」において6月28日に<今後の方向性に関する意見の整理>として公表されたものです。
この検討会のルーツは今から2年前の平成22年6月29日の閣議決定において「精神科医療現場における医師や看護師等の人員体制の充実のための具体的方策について検討する」とされ、検討事項として(1)精神科入院患者の状態像について、(2)精神病床の役割と機能分化等について、(3)その他の3点が挙げられ、平成24年内を目途にその結論を得るとされている事です。
その後ようやく今年3月23日に第1回の検討会が開催され6月28日に7回目の検討会が開催され今回の公表となりました。
概要は入院期間を①3ヶ月未満、②3ヶ月~1年未満、③1年以上の長期入院の3つに分けて①3ヶ月未満の場合:医師、看護職員は一般病床と同等の配置とし、②3ヶ月~1年未満の場合:医師は現状と同等であるが看護職員は3対1の配置を基本として一定割合は精神保健福祉士等の配置を可能、③1年以上の長期の場合:医師は現在よりも少ない配置基準で看護職員、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、看護補助者等の多職種で3対1の人員配置基準とするとしています。(重度かつ慢性の患者さんは別途検討)
この記事だけを見ると、見出しがセンセーショナルな割には期限間際になって慌てて検討した感がない訳ではありませんが、精神保健医療福祉に対する国の基本的な方針となっている精神保健医療福祉の改革ビジョンに照らし合わせると改革ビジョンで抽象的な表現であったものが今回の検討会ではより具体的に表現されてきた事が良くわかると思います。
改革ビジョンは平成16年9月に今後の10年間の精神保健医療福祉について①国民意識の改革②精神医療体系の再編③地域生活支援体系の再編④精神保健医療福祉施策の基盤強化の4つの柱が掲げられ「入院医療中心から地域生活中心へ」という方策を推し進めていく事が報告書として示されました。そして平成21年9月には「今後の精神保健医療福祉のあり方等に関する検討会」が今後の後期5年間を重点施策郡の策定に向けて中間とりまとめを発表しました。
その後「新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム」が設置され、第1ラウンドとしてアウトリーチ(訪問支援)、第2ラウンドは認知症と精神科医療、第3ラウンドは保護者制度、入院制度について検討結果を取りまとめ公表されています。
一方平成22年5月28日に当時の長妻厚労大臣に提出され話題となった「こころの健康政策構想会議の提言書」にも人員配置を一般医療と同等にすることや精神病床を半減することなどが提言され、新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チームの中でこの提言に沿った形で議論が進められています。
このように見ていくと、いくつもの検討会や検討チーム、提言といろいろな形で今後の精神保健医療福祉のあり方について検討されていますが、すべては改革ビジョンに沿った形で議論が進められている事がはっきりしてきます。
しかし検討結果である今回の意見の整理や取りまとめ、報告書などは今後の大きな方向性を示してはいますが決定ではありませんし、今のところ法律的な裏づけもありません。
今後の推移は注意深く見守ることは必要でしょうが過剰な反応や心配をする必要も無いと思います。また、最近は週刊誌で選挙の事が記事に取り上げられるようになりましたが政権が変わることによって精神保健医療福祉の方向性が極端に変わることはこれまでもなかったしこれからもないと思います。
ところで、平成14年に精神保健福祉総合計画書で初めて「受け入れ条件が整えば退院可能な7.2万人の解消」により精神病床の削減を目指すとしながら10年経過した現在でも精神病床がわずかしか減少していないのはなぜでしょうか?
統合失調症の入院患者数が減少し、認知症の入院患者数が増加しているという疾病構造の変化も大きな原因でしょうがそれ以外にも何かが違うのではないかと思っています。
それはそれぞれの患者さんやその家族の立場に立った視点や考え方が不足しているからではないかと私は考えています。

(白帝ニュース平成24年8月)


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.