障害者総合福祉法の骨格提言について

院長 加藤 荘二

2011年がようやく終わろうとしています。今年は東日本大震災や福島原発爆発事故などの大災害や大事故があり、日本にとっては戦後最悪の年でした。ただ平安時代前期に起きた貞観地震では、大津波に襲われた後も日本各地で地震が起きたり、火山が噴火したりしています。福島原発についても、1号機から3号機の原子炉は年内には冷温停止は可能とのことですが、とても安全とは思えません。来年が今年以上に悪い年にならないことを願うばかりです。
さて今回は、8月に障がい者制度改革推進会議の総合福祉部会より障害者総合福祉法の骨格提言がありましたので、それについて紹介します。この提言の基礎になるのは、2006年に国連が採択した「障害者権利条約」と、2010年に国と障害者自立支援法訴訟原告らとの間で結ばれた「基本合意文書」です。「障害者権利条約」は、障害のあるすべての人にあらゆる人権と基本的自由の完全かつ平等な享有を促進、保護、確保すること、並びに障害者の固有の尊厳の尊重を促進することなどを目的にしており、特に第5条においては、平等及び差別されないことにおいて「合理的配慮」の確保を求めており、第19条では、すべての障害者が他の者と平等の選択の機会をもって地域社会で生活する平等の権利を認めるとあり、「障害者が他の者と平等に居住地を選択し、及びどこで誰と生活するかを選択する機会を有すること、並びに特定の居住施設で生活する義務を負わないこと」と、「地域社会における生活及び地域社会への受入れを支援し、並びに地域社会からの孤立や隔離を防止するために必要な在宅サービス、居住サービスその他の地域社会支援サービス(人的支援を含む)を障害者が利用することができること」を締約国は確保することになっています。(ただし日本はこの条約にまだ批准はしていません。)
国と自立支援法訴訟原告団との「基本合意文書」では、「国は、速やかに応益負担(定率負担)制度を廃止し、遅くとも2013年8月までに障害者自立支援法を廃止し新たな総合的な福祉法制を実施する。そこにおいては、障害福祉施策の充実は、憲法などに基づく障害者の基本的人権の行使を支援するものであることを基本とする」「(障害者自立支援法、特に応益負担制度などが)障害者の人間としての尊厳を深く傷つけたことに対して、心から反省の意を表明する」「新たな福祉制度の構築に当たっては、現行の介護保険制度との統合を前提とはしない」「今後の障害者福祉施策を、障害のある当事者が社会の対等な一員として安心して暮らすことのできるものとするために最善を尽くす」などが確認され、利用者負担、支給決定、報酬支払い方式、障害の範囲、予算増などについて原告らの指摘を踏まえて検討するとしています。今回の提言はこの2つの指針の下に6つの目標を掲げ、内容は概ねこれに沿ったものになっています。
(1) 障害のない市民との平等と公平
(2) 谷間や空白の解消
障害の種別間の谷間や制度間の空白の解消を図る
(3) 格差の是正
自治体間の制度格差を是正
(4) 放置できない社会問題の解決
社会的入院、長期施設入所の解消
(5) 本人のニードにあった支給サービス
本人の希望や意思が尊重される仕組み
(6) 安定した予算の確保
当面はOECD加盟国の平均並みの予算を確保
具体的な内容はこの紙面では書き尽くすことはできませんが、その方向性はだいたい理解できると思います。精神科領域においては、「社会的入院の解消」、「非自発的入院の抜本的改革と保護者制度の廃止」が特に問題となっており、「社会的入院の解消」については、国は地域移行プログラムと地域定着支援を法定施策として重点的な予算配分措置を行うこととされ、非自発的入院(医療保護入院など)の抜本的改革では、医療法や精神保健福祉法を改正して、人権保障の観点から医療内容にも踏み込めるような第三者機関を設置して、(精神科病院などを)監視し、個人救済を含めて適切な運用がなされるようにすること、保護者制度については、人権擁護の観点から新たな仕組みを検討して導入するとされています。
障害者総合福祉法はこれまでの障害者施策を大転換させるものですが、医療福祉関係者だけでなく厚労省内部にも異論があるようで、提言を取りいれて法案にしていく作業は大変難航しそうです。障害者自立支援法は2013年8月までに廃止されることが決まっているため、法案は来年の通常国会に上程されなければならず、時間の余裕はありません。また国会ではTPP参加問題、消費税問題など国論を二分するような重要案件があり、この法案が果たして十分審議されるのか心配になります。郵政関連法案を巡る混乱の中でほとんど審議されないまま成立した障害者自立支援法の二の舞にならないことを願っています。

(白帝ニュース平成23年12月)


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.