今年はどんな年になるのでしょう?

理事長 吉田 弘美

今年はどんな年になるのでしょう。気候や天災を予測するのは困難だとしても、社会や経済に関しては、ある程度の予測がつくと思います。経済に関しては深刻ですね。特に今年の後半からはどうなってしまうのか想像もできません。良い方に予測できないのではなく、悪い方に予測不能です。資本主義そのものがどうなってしまうのでしょう。
よく景気が悪くなると、財布の紐を締めるという言葉のとおり出費を抑えることに躍起になる人がいます。こうした人はお金を数字だけで見ている人です。(確かに時期を見誤った投資などはいけません。)お金を数字だけで見ている人は、お金で幸せが買えると勘違いしているようなところがあります。今、巷で言われている200は負け組みで2000は勝ち組と言うのを皆さんはご存知ですか。年収のことだそうです。年収200万は負け組みで2000万は勝ち組だそうです。私はこの表現がわかりません。一体全体なにに勝って、何に負けたのでしょう。幸せの度合いでしょうか。お金があっても幸せでない人を私は沢山、知っています。逆にお金が無くても幸せな人を私は沢山、知っています。どうやら勝ち負けは幸せのことではないようです。う~ん、何に勝って何に負けたのでしょう。
確かにお金があれば、売ってくれるものは何でも買えます。でも、幸せは買えないようです。大金持ちイコール幸せな人とは言えません。人を幸せにするために考え出された、お金という仕組み。お金で幸せを買えないのは、なぜでしょう。これはお金との接し方に関係があるのだと思います。お金を湯水のように使い、すばらしい建物を作ったとしても、その建物に集い憩う人がいなければ何の価値もありません。お金は人を潤して初めてその価値が生まれるのです。お金に羽をつけ本当に高く高く人々のところに幸せを運んでくれる様になれば最高でしょうね。その為には嫌々お金を使わせたり、使ったりしないことです。お金がその羽を力いっぱい広げ、多くの人達に幸いを届けられるようにしてあげなくてはなりません。
しかし、今までのそうした経済的仕組みに異変が生じた時はどうしましょう。こればかりは予測不能ですね。何か各自それなりの楽しみがなくてはいけないでしょう。私は色々持っているつもりではいるのですが、一番はスキーの時のある瞬間です。スキーは下手の横好きでもう30年以上やっています。なかなか上手くなりません。競技スキーはしません。ルールがあるからです。自由に滑りたいのです。ゲレンデスキーにルールなどはなく、あるのはマナーだけです。滑っている時は一人です。聞こえてくるのは風を切る音とエッジで雪を切る音くらいです。ゲレンデを滑っていてこの音は当然、自分の外でしているわけですから外から聞こえてきます。しかし、ある時、自分の内側から聞こえてくる瞬間があるのです。強い抑揚感があるわけではありませんが、この瞬間全てと一緒になれた気持ちになるのです。そう、みんなと一緒、自然と一緒に。何かしら、ホワーンとして心地良いのです。皆さんは、自分なりの楽しみをお持ちですか。
どんな、変化が訪れようとも、パニックなんかになってはいけません。何でもアリで、こんなもんだと、思うことです。何事にも柔軟に対応できるよう、しなやかな気持ちを持っていなければなりません。どんな変化が来ようとも、その流れに身をまかせてそれを楽しみましょう。

(白帝ニュース平成23年1月) 


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.