「新型」インフルエンザワクチン接種を巡って

院長 加藤 荘二

「新型」インフルエンザワクチン接種が10月中旬から始まりました。今回は供給できるワクチン量に限りがあることから、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすこと及びそのために必要な医療を確保することという目的に照らして、優先的に接種する対象者が決められています。接種対象者とその優先順位は以下のようになっています。
(1) インフルエンザ患者の診察に直接従事する医療関係者(救急隊員を含む)
(2) 妊婦及び基礎疾患を有する者(この中でも、1歳から小学校低学年に相当する年齢の者の接種を優先)
(3) 1歳から小学校低学年に相当する年齢の者
(4) 1歳未満の小児の保護者及び優先接種対象者のうち身体上の理由により予防接種が受けられない者の保護者など
その後、小学校高学年、中学生、高校生に相当する年齢の者及び65歳以上の高齢者についても、優先的に接種することになっています。
(2)の基礎疾患を有する者とは、以下の疾患・状態で入院中または通院中の者を指します。
① 慢性呼吸器疾患
気管支喘息やCOPD(肺気腫、慢性気管支炎など)、気道分泌物の誤嚥のリスクのある者(脳性麻痺、認知機能障害、精神運動発達障害など)を含む
② 慢性心疾患
血行動態に障害がある者を対象とする、ただし高血圧は除く
③ 慢性腎疾患
透析中の者、腎移植後の者を含む
④ 慢性肝疾患 
慢性肝炎を除く
⑤ 神経疾患、神経筋疾患
免疫異常状態、あるいは呼吸障害等の身体脆弱状態を生じた疾患、状態を対象とする
⑥ 血液疾患
鉄欠乏性貧血、免疫抑制療法を受けていない特発性血小板減少性紫斑病と溶血性貧血を除く
⑦ 糖尿病
妊婦、小児、併発症のある者。又はインスリン及び経口糖尿病薬による治療が必要な者
⑧ 疾患や治療に伴う免疫抑制状態
悪性腫瘍、関節リウマチ、膠原病、内分泌疾患、消化器疾患、HIV感染症などを含む
⑨ 小児科領域の慢性疾患
染色体異常症、重症心身障害児・者を含む
ただこれらの基準は随分曖昧であり、最終的には医師の判断に 任されていますので、厚労省の想定よりかなり多くなりそうです。また現段階では希望者全員に接種できるかどうかは分かりません。
上の優先順位に従ってまず医療関係者から接種が始められましたが、国が医療関係者に用意したのは100万人分のみで、当初当院には希望者292人の2割の58人分しか割り当てられませんでした。その後この原稿の締め切り直前に突然126人分の入荷がありましたが、医療関係者用はこれで最後とのことで、残りの約100名は、(4) に該当するか、自身に基礎疾患がある人以外は原則として接種する機会がないという、大変おかしな事態になっています。
その一方で、ワクチンの供給が遅れているにも関わらず、基礎疾患を持たない小児で重症化(インフレエンザ脳症等)する事例が多いことを理由に、(3) の1歳から小学校低学年に相当する年齢の者の接種を前倒しており、小学校高学年、中学生、高校生への接種も早められています。そのために成人の基礎疾患のある人への接種がさらに遅れることになりますが、国立感染症研究所感染症情報センターは、「新型インフルエンザ患者の85%は20歳代以下であるが、10月9日までの死亡例23例のうち18例が30歳以上であり、60歳代が5例で最多」と、流行と死亡例の年齢層にずれがあることを報告しています。
ワクチン接種の優先順位は、高病原性鳥インフルエンザを想定した新型インフルエンザ対策行動計画では具体的には示されておらず、今回のインフルエンザではようやく9月に決まり、その後の臨床知見などによって小児への接種を早めるなどの調整がなされています。しかし宿主側の条件(個体の脆弱性など)のみで判断されており、環境要因(生活状況などの社会的要因)が全く考慮されていないことは、公衆衛生学の観点からは問題と言えます。例えば独居老人などは発見や対応が遅れて重症化し易いはずですし、集団生活を余儀なくされている「しょうがい者」や高齢者は集団感染のリスクが高く、その分重症者の発生の可能性も高くなりますが、接種対象者には含まれていません。また死亡者や重症者の発生をできる限り減らすというワクチン接種の目的に照らし合わせても、おかしいと考えます。
今回のインフルエンザ対策には「社会的弱者」の支援はほとんどなく、成人の基礎疾患のある人の接種が後回しにされたり、独居老人や「しょうがい者」が優先接種対象者からはずされたりされていることを見ると、国家の危機管理や社会防衛にあたっては、国民の命と健康には優先順位があることをつくづく感じました。

(白帝ニュース平成21年12月)


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.