移り変わり

理事長 吉田 弘美

昔、ウォークマンが世に出た時のことです。何も歩きながら音楽を聴く必要はないのにという声がありました。そして、携帯電話が出た時にも、何で電話を持ち歩かなくてはいけないか、と言う声もありました。そしてインターネットが開始されたころ、生活がディジタル化されると日々が味気なく無味乾燥になると言う意見が結構ありました。しかし、現在、iPodを持っていない人も携帯電話を持っていない人(私の知る限り友人で持っていないのは2名です。ほんとうに連絡がとりにくいです。)、そしてインターネットをやっていない人を探すほうが大変です。ここ十何年かの移り変わりの速さときたら、尋常ではありません。おそらく、こんなに目まぐるしい変化を体験する機会もそんなにあるものではないと思います。その変化を楽しみたいと思うのですが、ついていけそうでいけなかったりと、なかなか手ごわいものです。何か極意のようなものがあれば聞いてみたいです。
さてそんな、技術の進歩の中で皆さんもよくご存知だと思いますがCDがあります。このCD音のよさと埃に強いなどを売りにあっという間にレコードに取って代わったわけです。 CDはダイナミックレンジやS/N比、つまり音をよくする数値をレコードの限界を超えて収録できる利点もありました。ディジタルは、ほしい情報とほしくない情報の選別がとても簡単なのでした。そしてCD自体の情報収容能力の限界も絡み、アナログでは入っていた情報をどんどん削っていったのです。たとえば人間の耳には聞こえない周波数の音は聞こえないのだから入れないでおこう……なんていうようにしたのです。普通に考えればそうですよね。何も悪いことではありません。ところがCDが普及してしばらくすると音楽に造詣の深い人たちから何か変だと言う声が上がってきたのです。それは、音が冷たいとか、温かみにかけるとかいった表現で表されました。多分、技術者からすれば何を言っているんだと思ったことでしょう。あらゆる音楽を表現する測定数値はレコードなんて目じゃないのですから。でも実際に出てくる音は温かみのない音なのです。その原因で現在「そうじゃぁないのかなぁ~」と言われているのが、人間の能力では間くことのできない音を入れないことにあるのではないかです。あいまいな表現になってしまいますが聞くことのできない音だとしても音楽を構成している要素です。それを省くことによって測定可能な数字はよくなっても何かひとつ足りない音になってしまうようです。耳では聞き取れないけど感じていると言うことなのでしょう。
ここ数年、合理化とか改革とかの名のもとに色々なものが切り捨てられていきます。ただCDの例にもあるように数字が悪いでなく、数字に表れないからと言って簡単には省いていくやり方を少々反省する時に来ているのではないでしょうか。数字に表れないところこそ人間の知恵を持って対処していかないと世の中は悲しいものになって行くように感じるのは、私だけでしょうか。

(白帝ニュース平成20年1月) 


∵ポータルページ
∵メニューページ(index)
∵更新履歴(新着順)
∵病院概要
∵外来受診案内
∵外来診察週間予定表
∵入院案内
∵お知らせ一覧
∵基本理念と基本方針
∵理事長・院長紹介
∵Read me(白帝ニュース)
∵交通案内(地図)・送迎バス時刻表
∵写真で観る犬山病院
∵職員募集(採用情報)
事業者/産業保健関係の皆様へ
∵インターンシップ2017
∵各施設の案内
∵院内写真ビュー(Google)
∵お問合せ(E-mail)



愛知県犬山市塔野地字大畔10

精神科・神経科・内科・循環器科・消化器科・皮膚科・歯科

Copyright© Inuyama 医療法人 桜桂会 All rights reserved.